« 政府人事と指揮系統 | トップページ | ありがとう!東京消防庁ハイパーレスキュー隊! »

2011年3月19日 (土)

邪悪な菅総理、長期間「居座る」つもりか?

1342

◆震災後、一週間が過ぎた

被災者のために何もできずに、自宅(千葉市稲毛区)に居て、ただ祈るだけでした。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

何か、自分にもできることはないかと想像してみましたが、できることは、節電に協力することと、食料等を買い控えするなどです。ほんの“少しだけの我慢”することしかありません。

たった今(10時20分)、気仙沼市南部の壊れた住居から男性一人が、陸上自衛隊により救助されたと言うニュースが入りました!ありがとう、自衛隊の皆さん!そして被災地の皆さん!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅総理の会見

昨夜突然、菅総理が「国民へのメッセージ」を発表した。

「1週間が経過した」「国民は冷静に対応し、努力した」「二つの大きな問題に直面している。(地震・津波の被害と原発事故)」

「困難があるが、日本全体が復興できると確信している」「戦後最大の危機に対して、くじけるわけにはいかない」「強い決意を,全ての国民が胸に秘めて前進して行こうではないか」

「非難生活はしばらく続くと思うが、次の安心できる所まで移るまでの間、頑張り抜いていただきたい」

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆“アジテーション”のような会見

菅総理会見は、(私のような団塊世代には)、まるで全共闘のアジテーションのように聞こえてしまう。現状の的確な把握も無ければ、今後の見通しも無い。

まるで、震災復興が終わるまで「俺は頑張っている」「俺はあきらめない」だから・・・「俺は、総理を辞めないんだ!」と“政権延命”宣言のように聞こえてしまう。そして、最後に次のように言った。

まさに日本の危機、私たち日本人が本当に試されている今日の状況だ。日本を改めて造るのだという覚悟で、この危機に一緒に立ち向かっていこう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人ではダメ!

今まで、「冷静な行動をとるように」と言いつつ一番混乱していたのが菅直人総理ではないか。

人気取りのパフォーマンスでヘリで視察して、邪魔をしたり、「決死の覚悟で最大限の努力を尽くしてきた」と強調するが、上手くいけば“自分の手柄にしたい”魂胆が見え見えである。

菅直人が「最高指揮官」ではダメだと言うことがハッキリしている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆菅直人長期政権だけは、ご容赦願いたい

緊急事態だから、政治休戦にして、震災救助・復旧を優先して取り組むのは良いとしても、だからと言って、このまま菅民主党政権が(救国内閣として)継続するのはご免である。

自民党の谷垣氏に入閣を打診したと言うが、谷垣氏は、「入閣は、大連立と同じで、責任の所在が不明確になる」として拒否した。

賢明な判断である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆必死なのは、「政権延命」のみ

昨夜の菅総理の会見は、どうも、そんな気がしてならない。これ以上、菅直人のアジテーションや広告塔・蓮舫のチャラチャラしたパフォーマンスは聞きたくはないし、見たくもない。

残念ながら邪悪な菅直人という男の下では、“挙国一致”は有り得ない。

”落ちついたタイミングでの「菅内閣の総辞職」こそが、“日本再興の第一歩”である。

=====================

6891

|

« 政府人事と指揮系統 | トップページ | ありがとう!東京消防庁ハイパーレスキュー隊! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51158929

この記事へのトラックバック一覧です: 邪悪な菅総理、長期間「居座る」つもりか?:

« 政府人事と指揮系統 | トップページ | ありがとう!東京消防庁ハイパーレスキュー隊! »