« (言われなくても)我々日本人は我慢する!頑張る! | トップページ | ばら撒き4k予算を復旧財源へ! »

2011年3月15日 (火)

“丸投げ”の政府、“隠蔽”体質の東電

Car7qkk1

◆菅直人は、「知らせない」東電に激怒

最初から対処の仕方が、間違っている。

計画停電の混乱について、東電は陳謝し、枝野官房長官は東電を批判した。

計画停電と言いながら、東電の発表は無計画だし、政府は、「東電にすべて丸投げ」しておいて、「報告がない」って言うのは無責任だ。責任のなすり合いで見苦しい。

537

蓮舫は、「節電担当大臣」なのに、何をチャラチャラしているのだ!

それに、災害担当大臣がいるのに、災害地の対応で、国としての指示をしたという事がない。指揮系統がどうなっているんだ?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆指揮系統と情報の一元化ができていない!

原発事故の記者会見でも、菅総理、枝野長官がそれぞれがペーパーを読みあげている。

そのあと、東電の記者会見が個別に行われるといった具合である。

災害救助・復旧についての指揮系統はバラバラのようである。それに、政府の「発表」がない。

政府の「対策本部」として、(東電の社員も陪席させて)一括して記者会見して、疑問に答えるべきだ。

枝野長官は“孤軍奮闘”頑張っていると思うが、政府の対応としては、ズサンである。

|

« (言われなくても)我々日本人は我慢する!頑張る! | トップページ | ばら撒き4k予算を復旧財源へ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51125446

この記事へのトラックバック一覧です: “丸投げ”の政府、“隠蔽”体質の東電:

« (言われなくても)我々日本人は我慢する!頑張る! | トップページ | ばら撒き4k予算を復旧財源へ! »