« 鴻鵠(こうこく)の志~石原慎太郎と小沢一郎 | トップページ | 核についての三原則 »

2011年3月31日 (木)

アメリカ合衆国よ、有り難う!

Kizuna

◆権して然る後に軽重を知る<権然後知軽重>

「権」は、はかりの分銅のこと。転じて量ること。物の軽い重いは、秤にかけて始めてわかる。

緊急震災支援、支援物資・義捐金を寄せて下さっている世界各国や個人に感謝したい。本当に、ありがとう!

金額や物量が全てではないが、米国の〝支援”が、物心両面で際立っている。やはり、米国は、日本にとって唯一の同盟国であり、最大の“トモダチ”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆震災支援内容の“軽重”を知る

日本の主な周辺国の震災支援内容を、敬意と感謝を込めて、次に記す。(資料:2011年東北地方太平洋沖地震に対する日本国外の対応ーWikipedia、新聞記事より抜粋)

【1】 米国

アメリカ赤十字を始めとする民間団体から160億円に上る義捐金が寄せられている。

①米軍 約1万8000人、艦船19隻、航空機140飛行機、物資運搬230トン、6万人分以上の食事・飲料水輸送。

②国際開発局(USAID) 救援隊144人、救助犬12匹、ボート・ベッド・寝袋など物資提供約14.5万ドル(1170万円)相当。

③原発事故 専門家39人派遣、無人偵察機グローバルホーク、U2偵察機、防護服1万着、放射能被害管理の専門部隊約450人派遣準備

※米国赤十字社のポニー・マッケルビーンハンター理事長は震災義捐金99億円を、近く日本に送金すると言う。

【2】 中国

救助隊15人、救援物資3000万元(約3億7000万円)追加決定、ガソリン1万トン・重油1万トン無償援助発表。

【3】 韓国

救助隊107人追加、ホウ酸53トン。共同募金会より第一支援50万ドル(約4000万円)支援決定。 ※韓流スターのぺ・ヨンジュンさん7300万円、チェ・ジュウさん1500万円、ほか赤十字社の義捐金が約13億円に上っている。

【4】 ロシア

救助隊161人、毛布約1万7000枚、飲料水、液化天然ガス(LNG)供給増。

【5】 台湾

救助隊28人、緊急援助1億台湾元(約2億8000万円)表明 ※親日の台湾は、民間の義捐金総額が、約35億円に上るという。

【6】 モンゴル

救助隊12人、義捐金100万ドル(約8100万円)

【7】 オーストラリア

救助隊75人、救助犬2匹、義捐金1000万豪ドル(約8億円)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆韓国「震災支援とは別」、竹島不法占拠を強化

「震災支援とは別」・・・。これは、日本固有の領土(北方四島、竹島、尖閣諸島)に対して不法占拠を強め、あるいは挑発的な行為に出ているロシア、中国、韓国に対して日本政府が言うべき言葉である。

「竹島問題を明記した」日本の教科書に、韓国はイチャモンをつけている。

中国共産党機関紙:環球時報は、「日本領土はでたらめ」「韓国、恩をアダで返す日本に不満」と報じている。

東北関東大震災に対する“中国・韓国の支援”には感謝するが、竹島も尖閣諸島もわが国の固有の領土であることに変わりはない。

日本国政府は、毅然としなければならない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆人民解放軍の日本上陸に待った!

中国共産党政府は、東日本大震災に乗じて「中国海軍の医療船派遣」を申し出ていたが、これは許してならない。「人民解放軍」の日本上陸を既成事実化するものである。

「医療船」という名目であっても中国海軍は、中国共産党の「人民解放軍」である。チベット、ウイグルなどの武力弾圧、侵略の事実をみれば、決して許してはならないのである。

「港が壊れて船が近づけない」という理由で、菅内閣は断ったそうだが、中国政府は「不快感」を示しているそうである。<港が整備されたとしても、中国海軍を受け入れるべきではないのである。>

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

忘れてはならない!日本の同盟国は、アメリカ合衆国であることを!

===================

1101

|

« 鴻鵠(こうこく)の志~石原慎太郎と小沢一郎 | トップページ | 核についての三原則 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

台湾人に感謝の気持ちを伝える動画です。
よかったら見てください。

【台湾の人々へ】真的非常感謝【日本より】
http://www.youtube.com/watch?v=_C-hp0thNp8

投稿: | 2011年3月31日 (木) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51261958

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ合衆国よ、有り難う!:

« 鴻鵠(こうこく)の志~石原慎太郎と小沢一郎 | トップページ | 核についての三原則 »