« 陛下のお言葉~日本人の連帯感 | トップページ | 邪悪な菅総理、長期間「居座る」つもりか? »

2011年3月18日 (金)

政府人事と指揮系統

5051

◆仙谷氏を官房副長官に、藤井氏は首相補佐官

枝野官房長官は、新しい政府人事を発表した。“災害対策”担当の官房副長官に、仙谷由人氏を起用し、藤井副長官は更迭して首相補佐官だという。

「そろそろ限界」というご高齢の藤井氏を閣内に残し、参院で問責決議を受け、官房長官を辞めたばかりの仙谷氏を起用した。

この災害非常時に、「自衛隊は暴力装置」と暴言を吐いた仙谷氏を起用しなければならないほど、菅直人民主党政権には人材がいないのか?

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「冷静に対応を」と、呼びかける政府だが

今、災害地の現場では、自衛隊、警察、消防、地元の人々の献身的な努力が続いている。現地では、僅かな食料も分け合って、外国メディアが驚くほど、“整然”と「救援」を待っている。

政府は「冷静な対応を!」と呼びかけているが、「混乱」しているのは災害地ではない。

あまり、言いたくないが、自衛隊出動にしても、最初2万人、次に5万人、その次に6万5千人、そして10万人と、ころころ変わっているではないか。それに、閣僚も、誰が何をすべきか分かっていない。

一番「混乱」しているのは、菅総理じゃないか!と言いたくもなる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆何故、あえて仙谷由人氏か?

震災対策に与党も野党もないのだから、災害対策の経験・ノウハウがあり、“人材豊富”な自民党などに協力を求めるべきだろう。

民主党政権は、胸襟を開いて、(自民党も「協力する」と言っているのだから・・・)素直に協力を求めるべきだ。

枝野氏は会見で、「関係各省庁の調整を進めていく上で、(政治力のあるという?)仙谷氏が適任だ」としている。<今は「非常時」だから、しっかりやってくれと言うしかないのだが・・・>

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆政府の責任!

菅内閣は、「停電啓発担当大臣」(=蓮舫)とか「ボランテイア担当補佐官」(=辻元?)とかいう、ポストをつくったが、彼女たちは、ただボーッと「作業服」着て、会議に出ているだけである。

蓮舫が、スーパーに来て、店長から説明を受け、「品物は足りていますから、買い占めをやめましょう」なんて“三日遅れの”アナウンスをしていた。後手後手なのである。

自衛隊を中心にした救助活動・及び兵站活動を強化し、災害地にガソリン、水、医薬品、など“救援物資”が、少しでも早く、確実に届くように指揮系統を整備し、必要な法的措置をすることが、政府の役割・責任である。

================

6891

|

« 陛下のお言葉~日本人の連帯感 | トップページ | 邪悪な菅総理、長期間「居座る」つもりか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/51150763

この記事へのトラックバック一覧です: 政府人事と指揮系統:

« 陛下のお言葉~日本人の連帯感 | トップページ | 邪悪な菅総理、長期間「居座る」つもりか? »