« 民主党~政党崩壊の序曲が始まった(谷垣自民党総裁・談) | トップページ | 南極海での許さざるテロ行為 »

2011年2月19日 (土)

民主党「偽装」政権

◆知恵出でて大偽あり

【出典】 大道廃れて仁義有り、知恵出でて大偽有り、六親和せずして孝慈有り、国家昏乱して忠臣あり。

道家のいう大道が廃って、後に儒家の仁義が出てきた。知恵が出てきて、そこに大嘘が出てきた。六親がお互いに和合しなくなって、孝慈が出てきた。国家が混乱するに至って、忠臣が出てきた。(『中国故事名言辞典』角川書店)

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

142_003

(写真は、千葉公園内にある旧帝国陸軍の訓練跡)

◆知恵者の大偽

「百術一誠に如かず」とは、民主党内の対立、「政局」の中心人物で、知恵者・小沢一郎の座右の銘である。

小沢一郎がそれを、心に秘めておれば良いのだが、臆面もなく口にした途端、ウソになる。

“虚言癖”の鳩山由紀夫に至っては、日米同盟に「打撃」を加えた。中国共産党政府の期待通り、ルーピー(愚か者)を見事に演じきった。

5

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆これは権力闘争である

内紛が続く民主党政権であるが、いよいよ予算案の成立が危うくなっている。

菅直人総理は、“薄ら笑い”とともに「国民にとって何が一番重要か、必要かと考えて行動します」というが、何とも言えなくウソ臭い。

菅直人は耐えるだけ耐えているが、いざとなれば破れかぶれ解散に撃って出る。これは、間違いなく彼ら自身の政治生命を賭けた“権力闘争”である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「国民生活が第一」という方便

4月になっても予算関連法案が成立しなければ、地方に分配する金が減ったり、子ども手当が支給できなくなるなど影響が出る。と、野党の「対決姿勢」を民主党政権はけん制しつつ、水面下では「連立の誘い」も活発だ。

自民党にも「連立の誘い」が有るらしいが、下手に戦闘地域に近づけば、火傷するだけだから、止めた方がいい。メディアの「民主党はダメだが、自民党もダメ」というキャンペーンに乗ってしまう。

事の真偽は、時間が経ってから分ることもあるが、「天才」たちにプロの政治家さえも騙される。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆新たな「偽装」誘導

小沢一郎・鳩山由紀夫が、“民主党の大罪”を「菅直人ひとり」に被せて、首相交代で政権の延命を図るか、あるいは、その次の一手(政界再編で主導権を握る)を図る。

政権延命のために、すでにポスト菅直人で動いている。前原誠司が有力のようだ。

しかし、民主党政権が、すでに終わったも同然だから、誰が総理をやろうと民主党「偽装」政権に変わりはない。解散総選挙が政治の大道である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

|

« 民主党~政党崩壊の序曲が始まった(谷垣自民党総裁・談) | トップページ | 南極海での許さざるテロ行為 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50912339

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党「偽装」政権:

« 民主党~政党崩壊の序曲が始まった(谷垣自民党総裁・談) | トップページ | 南極海での許さざるテロ行為 »