« もはやこれまで民主党・菅政権 | トップページ | 漢詩  絶句 杜甫 »

2011年2月26日 (土)

漢詩  江雪(こうせつ) 柳宗元

2431

◆漢詩鑑賞

鳥影も見えず、人の足跡も消え、雪のみが舞う白一色の世界。その画面の点じた、ただ一点の黒い影。釣り糸を垂れる老人の姿がある。

孤独な作者の境遇うと、孤独にひたすら耐える作者の心を歌った詩である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

  江雪(こうせつ)  柳宗元

千山鳥飛絶  千山(せんざん)鳥飛ぶこと絶え

萬徑人蹤滅  万径(ばんけい)人蹤(じんしょう)滅す

孤舟蓑笠翁  孤舟(こしゅう)蓑笠(さりゅう)の翁

獨釣寒江雪  独(ひと)り釣る寒江(かんこう)の雪

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・・☆

|

« もはやこれまで民主党・菅政権 | トップページ | 漢詩  絶句 杜甫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50971280

この記事へのトラックバック一覧です: 漢詩  江雪(こうせつ) 柳宗元:

« もはやこれまで民主党・菅政権 | トップページ | 漢詩  絶句 杜甫 »