« 小沢派「会派離脱」~破れかぶれ“解散”近し | トップページ | 民主党「偽装」政権 »

2011年2月18日 (金)

民主党~政党崩壊の序曲が始まった(谷垣自民党総裁・談)

17_004

◆これは「倒閣運動」である

衆議院比例選出議員16名が、会派「集団離脱」を届け出た。民主党執行部は、これを受理しない方針だ。菅直人総理は「理解できない」と、一応平静を装っているが、党内分裂はますます加速している。

与党内のゴタゴタに対して、「いい加減にしろ」という意見もあるが、私は大いにやったらいい。何故なら、民主党は「もう既に死んでいる」(北斗の拳)のだから。

谷垣自民党総裁の、「(民主党に)この国の舵とりを任すわけにはいかない」というコメントは全くその通りである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「このままでは選挙が戦えない」

「方便」という言葉を使うならば、16名の「造反議員」の狙いは、菅内閣のままで「破れかぶれ解散」すれば落選してしまう。

だから、「国民の生活が第一」というのは方便で、「自分達の選挙が第一」というのが彼らのホンネなのである。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆チルドレン議員

民主党は、上から下まで、口先だけの集まりだから、16名の議員も、党を割ることもできない。小沢チルドレンだから、小沢先生の命令通り動くしかないのである。

小泉チルドレンだった杉浦タイゾー君が、ソフトバンクのCMに出ていたが、小沢チルドレン&ガールズよりも、まだ彼の方が素直で好感がもてる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆民主党解党こそが、国益である

何はともあれ、今の民主党は政権与党としての“必要な要件”を満たしていない。解党するしかない。

「予算の通過」よりも大切なのが、国益である。従って、少しの期間・・・国政が停滞しても、解散して国民の信を問うべきである。

「大臣職」「議員職」にしがみつくだけの連中の、嘘っ八の言い分(方便)など、聴くに値しない。

====================

|

« 小沢派「会派離脱」~破れかぶれ“解散”近し | トップページ | 民主党「偽装」政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50902154

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党~政党崩壊の序曲が始まった(谷垣自民党総裁・談):

« 小沢派「会派離脱」~破れかぶれ“解散”近し | トップページ | 民主党「偽装」政権 »