« 「国民は理解できない」、鳩山由紀夫さん“お笑い界”へ転身 | トップページ | 善と悪 »

2011年1月19日 (水)

谷垣さんは、お人柄そのまま、話にパンチがない(橋本大二郎)

◆廃材再生内閣

菅直人総理が「最強内閣」と意気込んだが、政権浮揚効果はない。

「社会保障と税の一体改革」を託した元財務大臣の藤井氏と元自民党・前たちあがれ日本の与謝野氏の入閣を、みんなの党の渡辺さん(?)「廃材再生内閣」と酷評した。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆国民の間に、蔓延する民主党政権への失望感

与謝野馨氏は、「民主党政権ではこの国はダメになる」「一日でも早く、民主党政権を終わらせなければならない」と、語っていたが菅内閣に入閣した。

「君恥かきたもう事勿れ」(石原慎太郎)という通り、晩節を汚したのである。

さらに、民主党支持者ですら4割近くが「与謝野氏の入閣」を評価しておらず、党内喧嘩は炎上し、「小沢は嫌いだ!」「菅ではダメだ!」の怒号が飛びかう。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆自民党は何をしているのか?

民主党政権が延命すれば、日本国は沈んでしまう。理念なき民主党政権を倒さなければ、日本の将来は危ない。だから、自民党を中心とした“愛国政権”を創らなければならない。

・・・とこのように、私は考えて「自民党の再生」を期待しているのですが、統一地方選を目前にした地域では、民主党の活動ばかりが目立ち、自民党は何をしているのか?と不満に思う。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆谷垣さんの話にはパンチが無い

橋本大二郎のブログには、高校の同窓会での谷垣さん(自民党総裁)のパンチのない「挨拶」について書かれていた。

「自民党が取り組もうとしている。6つの項目を説明されましたが、いずれも、あまりにも当たり前のことで、お人柄そのまま、話にパンチがありません」とある。

<同感である>

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆本気で怒れ!本気で語れ!

「谷垣さんの話にパンチがない」というのは、その通りで、「解散・総選挙に追い込む」と語っても、心に響く「ホンキ度」「男の度胸」が感じられないから伝わらないのである。

敢えて言えば、国民の心に伝わるように、力強いフレーズで呼びるべきで、世間(マスコミ)が何と言おうと、やるべき時には断固やる事である。

<本気で怒れ!本気で語れ!>ということである。

======================

000499

|

« 「国民は理解できない」、鳩山由紀夫さん“お笑い界”へ転身 | トップページ | 善と悪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50628022

この記事へのトラックバック一覧です: 谷垣さんは、お人柄そのまま、話にパンチがない(橋本大二郎):

« 「国民は理解できない」、鳩山由紀夫さん“お笑い界”へ転身 | トップページ | 善と悪 »