« 涼州詞 王翰(盛唐の詩人) | トップページ | 子供の喧嘩~未熟な安住淳国対委員長 »

2011年1月30日 (日)

日曜日・朝のニュース

◆果報は寝て待て

昨夜、オーストラリアとの(サッカー)決勝戦を観ようと思ったが睡魔に勝てず寝てしまった。

今朝、4時半に起きて1-0で日本チームが勝ったことを知った。おめでとう、ザック・ジャパン!とても気持ちの良い、朝だ!

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆エジプトで反政府デモ

チュニジアの反政府デモはエジプトにも飛び火しているようだ。北アフリカのチュニジア・エジプト両国は、欧米との交流も強く、穏健なイスラム国家である、と見られていた。

反政府デモの「情報伝達」手段は、(規制されている)“インターネット”ではなく“携帯電話”だという。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆ダボス会議での菅総理

最近、気づいたんだが、“菅直人”という・・市民運動出身の総理大臣は、演説が下手だネェ・・・。呂律が回らないし、手元が落ちつかない。目が泳いでいる。

ダボス会議では、「第三の開国」として、TPP参加への意気込みを、官僚の書いたペーパーを読みながら、語った。

どうせ、“もうすぐ辞める”総理大臣の演説だから、誰も、まともには受け止めていない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆一時「休戦」

民主党が内紛状態にある。谷垣自民党は、「解散・総選挙」を主張するが、このまま選挙をやれば負けるので、民主党は、「内紛状態」を一時休戦して、「党内結束」を呼び掛けるだろう。

それでもダメなら、鳩山由紀夫前総理に続いて、菅総理も退陣し、「総理のたらい廻し」することになる。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆予算委員会の“議論”次第

民主党政権への信頼は、その大部分が失われている。総理大臣の交代で済む話ではない。

一方の自民党も、信頼を回復できるかどうか、正念場である。予算委員会が始まるが、徹底して民主党政権の“欺瞞性”を、議論の中で追及すべきで、最初から「解散・総選挙」を言うのは、戦略ミスである。

=================

空気が乾いているので、みなさん身体に気をつけて下さい。

朝陽がまぶしい。

=================

Water_lilies

|

« 涼州詞 王翰(盛唐の詩人) | トップページ | 子供の喧嘩~未熟な安住淳国対委員長 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50724876

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日・朝のニュース:

« 涼州詞 王翰(盛唐の詩人) | トップページ | 子供の喧嘩~未熟な安住淳国対委員長 »