« 谷垣さんは、お人柄そのまま、話にパンチがない(橋本大二郎) | トップページ | <国力>の増強なくして日本外交はない »

2011年1月20日 (木)

善と悪

◆幼児虐待事件が相次いでいる

幼児虐待の事件が連日報道されている。幼児を殴る蹴る、熱湯をかけて火傷を負わす、食事も与えず監禁する、等々・・・鬼畜親の仕業に、気分が悪くなる。

事件の大半が、「内縁の夫と妻」によるもので、「シツケのため」などと供述している。妻は、「母性」を捨て、「女の性(サガ)」に走ってしまったのか・・・悪魔である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆子供を守れ!

子供は、親の子である、親を選べない。だから、「社会で子供を守り育てる」という前に、「親が子供を守らなければ」ならない。

その上で、社会全体で子育てを支援し、子供を守り育てる組織・施設をつくるべきだ。少なくとも「子ども手当」で、カネをばらまく事ではない。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆悪いことをしたら罰(バチ)が当たるゾ

子供の頃、「神様は全て見ている」「悪いことをしたら、罰が当たる」とよく親に叱られた。これは、宗教教育(神・自然に対する畏敬)なのである。

「法律に反する」とか「他人に迷惑をかける」からではない。兎も角、理屈抜きに「悪いことをしたら」「天罰が下る」「地獄に落ちる」と教えた。

善と悪がハッキリしていた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆善い行いをしなさい!

一方で、各地の児童施設にランドセルや文房具、現金などのプレゼントが、「子供たちの幸せを願って」と、「タイガ―マスク」「伊達直人」などの名前で届けられている。

相次ぐ善意の寄付に、心温まる思いがする。

=============

1_002

孫の大窪隼弥君(2歳)

|

« 谷垣さんは、お人柄そのまま、話にパンチがない(橋本大二郎) | トップページ | <国力>の増強なくして日本外交はない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50635464

この記事へのトラックバック一覧です: 善と悪:

« 谷垣さんは、お人柄そのまま、話にパンチがない(橋本大二郎) | トップページ | <国力>の増強なくして日本外交はない »