« 総理大臣の嘘と、一兵卒の嘘 | トップページ | TPPとどう向き合うか? »

2011年1月 7日 (金)

“影”が似合う菅内閣の軍師・仙谷由人

◆民主党の権力闘争の現状を要約すると・・・こうなる

①「総理の器」ではない

前総理のポッポ鳩山由紀夫は、誰が見ても“酷い”総理大臣であったが、現総理の菅直人は、ポッポより“酷い”空きカンである。

鳩山総理の時は、総理の上に小沢一郎が権勢を振るって君臨していた。

菅総理には、軍師・仙谷由人官房長官が影のようにピッタリ寄り添っている。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

②「菅は10年間、何も勉強していなかった」(仙谷由人)

菅直人は、鳩山内閣で、(副総理兼)国家戦略大臣から財務大臣に就任した。

その後、ポッポの辞任後、代表選挙で小沢一郎を破り総理の座に就いた。

“お粗末な”国会答弁を見て、仙谷由人が、嘲笑気味に「菅は10年間、経済・財政を何も勉強していなかった」と、嘆いた。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

③「小沢一郎切り」に踏み込んだ菅総理(仙谷官房長官)

小沢・鳩山・輿石と、菅・仙谷の権力闘争がいよいよ最終局面に入る。

これは、小沢一郎VS仙谷由人の悪知恵比べでもある。

この党内闘争は、やるやる詐欺マニュフェストで政権を騙し盗った「詐欺集団」が巣食う民主党の、「権力」分け前争奪戦である。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

④切るのは小沢が先か?仙谷が先か?

菅総理は、年頭所感で「政治とカネ」について言及し、(国民の失望を解消し)「不条理を正す」と宣言した。

また(リーダーシップを意識して)「今後は、誰にも遠慮せず、やりたいことを断行する」と言った。

やれば良くも悪くも「結果」が出るが、言うだけでやらないのが菅直人でもある。

☆・・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

⑤軍師・仙谷由人を手放せるか?

結論から言うと、空きカンこと菅総理は、仙谷由人を手放せないだろう。

民主党は人材不足で、仙谷の後の「大役」が務まる者は居ないらしい。

仙谷は、内閣から離れても、「民主党代表代行」という権限で、民主党を統括することになる。

=============

1

どちらかと言うと、小沢一郎の「戦術」は難解で読めない。

|

« 総理大臣の嘘と、一兵卒の嘘 | トップページ | TPPとどう向き合うか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50516078

この記事へのトラックバック一覧です: “影”が似合う菅内閣の軍師・仙谷由人:

« 総理大臣の嘘と、一兵卒の嘘 | トップページ | TPPとどう向き合うか? »