« 何故、分裂しないのか?「民主党」 | トップページ | アジア三国志~中国・インド・日本の大戦略(ビル・エモット著) »

2010年12月 8日 (水)

ジングルベルの鉦(かね)の音が響く

駅頭に ジングルベルが 鳴り響く

天使の音色に 足留め

1

冬の風物詩、歳末助け合い運動である。(12月7日、千葉駅東口)

「困った人を助けましょう」「ご協力、お願いしま~す」の可愛い声が響く。どこか懐かしい。子どもの頃は、傷痍軍人の姿が見られたが、今は様変わりの様子。

「助け合い」精神は、日本人の善き心を表したものである。

小学生の女の子たちは一生懸命、先生の指揮で、鉦(かね)を鳴らしていた。

|

« 何故、分裂しないのか?「民主党」 | トップページ | アジア三国志~中国・インド・日本の大戦略(ビル・エモット著) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50242400

この記事へのトラックバック一覧です: ジングルベルの鉦(かね)の音が響く:

« 何故、分裂しないのか?「民主党」 | トップページ | アジア三国志~中国・インド・日本の大戦略(ビル・エモット著) »