« 中国漁船、韓国警備艇に衝突 | トップページ | お前は(民主党)すでに死んでいる【北斗の拳】 »

2010年12月20日 (月)

政治家の“散り際”

◆今日、菅総理と小沢一郎が会談

菅総理は、「政倫審」への出席を要請し、小沢一郎は、案の定、それを拒否した。(予想通りの結果です)

会談の中味は、「政局の見通し」「選挙対策」としての“談合”である。

☆・・・・・☆・・・・・☆

◆格の違いですねえ

何をやってんだか、結論は決まっているだろうに、一兵卒の小沢一郎に、岡田幹事長が何度も「伝書鳩」をやって挙句、総理大臣までもが小沢一郎に、軽く「拒否」された。

どう見ても、小沢一郎との「格の違い」みたいなものが見えてくる。

☆・・・・・☆・・・・・☆

5946086

◆ポッポ鳩山由紀夫、“引退”撤回

前総理の鳩山由紀夫は、まったく話にならない。今ごろ“引退”発言を撤回して、「私を必要としている人のために」頑張るだと(笑)。

彼の祖父・鳩山一郎は「明鏡止水の心境だ」と明言を残し美しく退陣したが、その孫・由紀夫は、「無責任」で「無自覚」な“引退”撤回発言。

☆・・・・・☆・・・・・☆

◆『総理の辞め方』(PHP新書535本田雅俊)

著書によれば、総理の辞め方には、6つの類型があるという。

①美しき辞任

②淡白な辞任

③結果責任による辞任

④未練のある辞任

⑤再起を目指した辞任

⑥流れに逆らえない辞任

☆・・・・・☆・・・・・☆

◆鳩山由紀夫の場合

ポッポ鳩山由紀夫の場合は、例外で、どれにも当てはまらない。「無責任」で「無自覚」な人である。

選挙に出るのは自由だが、笑い話にもならないポッポ前総理の言動である。

|

« 中国漁船、韓国警備艇に衝突 | トップページ | お前は(民主党)すでに死んでいる【北斗の拳】 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50354119

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の“散り際”:

« 中国漁船、韓国警備艇に衝突 | トップページ | お前は(民主党)すでに死んでいる【北斗の拳】 »