« 拉致被害者の救出こそ、日本国の「最優先課題」 | トップページ | 晩秋の散歩道(千葉公園~千葉県護国神社) »

2010年11月30日 (火)

すべての拉致被害者をすぐに返せ!

昨日も、北朝鮮金正日独裁政権による悪辣非道な日本人拉致について書いたが、書き足らないので少し追加する。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

貴方の大切な家族が、突然拉致されたら、貴方は平静で居られるか?

日本人同胞が拉致されて、貴方は平静で居られるか?

3_002

3_001

3_005

◆拉致は、“人道に対する”犯罪である

北朝鮮による「核武装」と「拉致」について、述べる。

「核武装」は、それなりの国家体制の(国防上の)“選択”であるが、「拉致」は“人道に対する(弁明の余地のない)”犯罪である。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

◆拉致被害者の「救出」のために~日本人は団結しよう

国の安全と平和のために「核武装化」も含めた真剣で真摯な議論と、「拉致」問題の解決~即ち、拉致被害者の「救出」とは分けて考えるべきである。

「拉致」は犯罪であり、日本の取るべき道は、拉致被害者の「救出」である。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

◆6ヶ国協議は、米中のアリバイ工作でしかない

北朝鮮の砲撃・挑発に対して、日本のメディアは「力では解決できない」として、暗に「話し合い」を奨めている。

しかし、これは「平和ボケ人間」の間違いである。何度、北朝鮮とバックの共産党中国政府に騙されたら気が済むのか!

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

◆拉致問題の解決とは?

「拉致」問題の解決とは、具体的に「拉致」被害者を「救出」することである。被害者家族もそのことだけを願っている。「救出」のための備え(自衛隊法の改正等)をすべきである。

しかし、日本は、政治的軍事的圧力を否定する「世界に稀に見る特殊な国家」である。アメリカに、守ってもらおうという「国防意識」なのである。

☆・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・・☆

◆「日本国民」の意識が薄らいでいる

我々団塊世代(鳩山由紀夫・菅直人・仙谷由人などがそうだ・・・)は、教養主義を引きずっていてやれリベラリズムとか、やれ市民社会の建設とか、言葉だけで論じてきた。

いつの間にか、隣国の傍若無人にさえ、「冷静に」「冷静に」と“怒り”を忘れてきた。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

444 3_002_2

柳田大臣の後任に、仙谷由人氏が、「拉致」担当大臣に就任している。そして仙谷氏の胸には臆面もなくブルーリボンがつけられている。

このような政治家は早く、辞めてもらいたいですネェ。

==========

日本は、無国籍化現象、多民族化現象が始まっている。特に、論理より感覚の面で。

我々は、「地球市民」などではない。日本国民なのである。

|

« 拉致被害者の救出こそ、日本国の「最優先課題」 | トップページ | 晩秋の散歩道(千葉公園~千葉県護国神社) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50171394

この記事へのトラックバック一覧です: すべての拉致被害者をすぐに返せ!:

« 拉致被害者の救出こそ、日本国の「最優先課題」 | トップページ | 晩秋の散歩道(千葉公園~千葉県護国神社) »