« 頑張らない、あきらめない | トップページ | 企業の社会的責任(CSR)と国益 »

2010年11月14日 (日)

教育勅語の真義

ぶらり女房と出かけた先日(11月3日)、明治神宮に参拝した記念に『大御心』という本を売店で買いました。この本には、明治天皇・昭憲皇太后のお歌と、教育勅語が、わかりやすく解説されています。

この本は、私の愛読書の一つに加わりました。

432

◆教育勅語の口語文訳

私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。

そして、国民は忠孝両全の道を完うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、美事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。

国民の皆さんは、子は親に孝養をつくし、兄弟、姉妹はたがいに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じあい、そして自分の言動をつつしみ、すべての人々に愛の手をさしのべ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格をみがき、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心をささげて、国の平和と、安全に奉仕しなければなりません。

そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、更にいっそう明らかにすることでもあります。

このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、このおしえは、昔も今も変らぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、まちがいのない道でありますから、私もまた国民の皆さんとともに、父祖の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

|

« 頑張らない、あきらめない | トップページ | 企業の社会的責任(CSR)と国益 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50023233

この記事へのトラックバック一覧です: 教育勅語の真義:

« 頑張らない、あきらめない | トップページ | 企業の社会的責任(CSR)と国益 »