« 総辞職すべき菅内閣 | トップページ | 保守政治とは何か? »

2010年11月22日 (月)

TOKYO自民党政経塾(深谷隆司塾長) 熱海合宿に参加

6

◆尊敬する政治家

私は、議員でもない。どの政党にも属していない。一人の63歳の愛国者である。

偏見なく、自由な立場で、民主党政権を批判した。(時には、自民党も批判した)

☆・・・☆・・・☆・・・☆

政党に関わらず、尊敬する政治家はいる。

その「基準」は、理念が保守派であるか、愛国心があるか、である。

◆深谷隆司先生こそ、理想の政治家である

先週末は、深谷隆司先生の主宰する熱海での合宿に参加した。大勢の青年たちと一緒の合宿講座であり、熱心に議論したことは刺激にもなった。

講師ラインアップは、平沢勝栄先生、菅原一秀先生、平将明先生、古川俊治先生、下村博文先生、そして小池百合子先生である。

☆・・・☆・・・☆・・・☆

しかし、誰よりもオ―ラを感じたのは、深谷隆司先生である。

深谷隆司先生こそ、理想の政治家である。

5_003

◆志をもつ若い人の、応援団になる!

早朝のラジオ体操の後、「3分スピーチ」で、手を挙げて、私は大声を出して「青年よ大志を抱け」(クラーク博士)と、「演説」した。

深谷隆司先生から「良い内容だった」と褒められた。若い人からも「感動しました」との反響だった。

☆・・・☆・・・☆・・・☆

講座終了後、お見送りを頂き、「大窪さん、お元気で」と声をかけられ、握手した時の深谷隆司先生の笑顔が印象的であった。

真の愛国者であり、教育者であり、そして紳士である(武士道精神でもある)、心から、尊敬できる政治家であると感じた。

<感謝合掌>

|

« 総辞職すべき菅内閣 | トップページ | 保守政治とは何か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。

深谷塾長の事を調べていて
このURLにたどり着きました。

本当にあの合宿は有意義で
こんなに愛国者がいるのならば
まだ日本は立ち直れる可能性があるかもしれないと思いました。

また政経塾でお会いしましょう。

失礼致しました。

投稿: 松浦正明 | 2010年12月 3日 (金) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50098630

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO自民党政経塾(深谷隆司塾長) 熱海合宿に参加:

« 総辞職すべき菅内閣 | トップページ | 保守政治とは何か? »