« 昔日のごとく もう一度 教育の国にしたい (元特攻隊員の話) | トップページ | だいたいネ、(自分も含めて)みんな親不幸だよネ・・・ »

2010年11月28日 (日)

菅首相、鳩山前首相と会談~「支持率1%でも辞めない」??!!

菅直人首相は昨日、鳩山由紀夫前首相と1時間半会談した。

1_004

============

◆何のために、鳩山前首相と会ったのか・・・?

その理由は、簡単である。

仙谷官房長官と馬淵国交大臣の問責決議が可決され、ますます政権運営が厳しくなる中、小沢一郎元民主党代表とのパイプを持つ鳩山由紀夫氏に協力を求めたものだ。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

つまり、(鳩山由紀夫氏を通じて)小沢一郎氏への「土下座」「謝罪」「屈服」の意志表明である。

国家よりも、自身の「政権延命」が優先されているのである。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

◆三バカ大将

昨年の総選挙で、民主党は「トロイカ体制」、すなわち小沢一郎、鳩山由紀夫、菅直人が結束して政権交代を実現した。

「政策」よりも「政局」が優先され、昨年「政権交代」が実現された。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

菅首相が、誰と会おうとご自由だが、よりによって沖縄「普天間問題」を目茶目茶にしたポッポ総理こと鳩山前首相と会ったということ・・・市民派政治家を自認する菅氏のセンスが疑われますネェ。

いまや、小沢、鳩山、菅の三氏は、民主党の「三バカ大将」と言える。

◆「支持率1%でも辞めない」

鳩山氏との会談で、菅首相は「支持率1%でも辞めない」と述べた。

これは、小沢一郎氏に向かって発した言葉であろう。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

「総理になりたかった」菅さんがやっと手に入れた「総理の座」である。「石に噛り付いてでも」と言う気持ちは解らないではない。

ところで・・・鳩山氏は、(自論であるとして)「議員も辞める」と言っていたが、この“大金持ちのボンクラ世襲議員”鳩山由紀夫氏は、どうやら次の選挙にも出るようだ。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

細川護熙首相も、小泉純一郎首相も総理を辞めてからは、一切、「政治の表舞台」には登場していない。

民主党の「三バカ大将」の共通した特徴は、どなたも「自分の言葉」に責任をもたないことである。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

◆民主党「地方議員」の民主党離れ

先日の松戸市議会の選挙で、民主党は11名中2名しか当選できなかった。

来春は、統一地方選挙である。この松戸市の結果に、民主党「地方議員」は戦々恐々としている。

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

そもそも、理念・政策よりも、何となく「選挙で有利だから」という理由で民主党から立候補者も多かった。

だから、(風向きが変われば)「民主党」を離れる事になる。

☆・・・・・☆・・・・・・☆・・・・・☆

1_005

|

« 昔日のごとく もう一度 教育の国にしたい (元特攻隊員の話) | トップページ | だいたいネ、(自分も含めて)みんな親不幸だよネ・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/50151255

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相、鳩山前首相と会談~「支持率1%でも辞めない」??!!:

« 昔日のごとく もう一度 教育の国にしたい (元特攻隊員の話) | トップページ | だいたいネ、(自分も含めて)みんな親不幸だよネ・・・ »