« 土曜日の朝は、モーニング・セミナー | トップページ | 不動産投資術?? »

2010年10月17日 (日)

核心は、民主か自民かでなく、反日か愛国かである

倫理運動の創始者・丸山敏雄先生は、その著書『万人幸福の栞』で、純粋倫理を基調とする道義国家の再建を主張されている。

Photo

今日、純粋倫理を学ぶ、企業経営者、家庭人、様々な職業人が居る。政治家もまた、党派(共産党以外はほぼ全ての政党)を超えてその中に居る。

そして、日本創生という『合い言葉』をもつ。日本創生とは、倫理運動による『日本の世直し』という意味合いをもつ。

日本創生とは、即ち、愛国のことである。

しかも、先祖を大切にし、家族を大切にし、わが国の文化伝統を守り、日々悪しき弊害を改革していくことである。

即ち、愛国であり、保守である。

今朝も、(中国では、暴動は日常茶飯事であるが)反日デモの報道があった。中国の「反日デモ」には、日本固有の領土・尖閣諸島を略奪せんとする共産党独裁政権の情報統制にもとずく「暴動」で、一片の正当性もない。

しかし、その反日「暴動」は、中国では『愛国』の名の下許されている。

一方の日本では、愛国にもとずく中国への正当な抗議は、「日中友好を阻害する」として許されない。言いたいことも言わずに日本はいままで「平和主義」の幻想の下、自民党から民主党へ政権が移っても、愛国心が芽生えない。

日本政府は、菅内閣(実権は仙谷官房長官のようだが)として誠に情けない対応である。問題の中国漁船の『衝突ビデオ』も、「中国を刺激してはいけない」と公開していない。

国民世論の、中国の傲慢な態度への怒りの声と行動は、「中国を刺激してはいけない」として、無視され情報統制されている。

今、我々が判断すべき核心は、民主党か自民党かと言うことではない。反日か愛国かと言うことである。

政治家が、(倫理法人会の)日本創生を叫ぶときに、核心は真の愛国者であるかどうか?これが大切である。

|

« 土曜日の朝は、モーニング・セミナー | トップページ | 不動産投資術?? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49764427

この記事へのトラックバック一覧です: 核心は、民主か自民かでなく、反日か愛国かである:

« 土曜日の朝は、モーニング・セミナー | トップページ | 不動産投資術?? »