« 尖閣「衝突」ビデオ、非公開ですと? | トップページ | 兄大窪敏夫の一周忌(於シェラトンホテル札幌) »

2010年10月 9日 (土)

中国の恐怖

ノーベル平和賞に中国の民主活動家・劉暁波氏が決定した。本来であるならば、栄誉あるノーベル賞に選ばれたんだから、中国人は喜ぶべきところであるが、中国共産党政府は、反逆罪で投獄中の劉暁波氏の受賞に、猛反発している。ノルウエ―政府に対して圧力をかけている。

中国国内では、このニュースは報道されていない。外国メディアが報道された途端、テレビ画面が消される。

あらためて、中国と言う国は、共産党の一党独裁国家で、民主主義、法治主義、自由主義、基本的人権、四つの価値観が無い国で、恐ろしい国であることを認識させられる。

もちろんノルウエ―は、日本と違って中国の圧力に屈服するような事は無いだろうから、ますます中国の横暴ぶりは世界から注目されるだろう。

ならず者大国が中国で、その手下が北朝鮮と言える。日本は、もっと毅然としなければならない。

それにしても、菅直人総理は、中国温首相に「フジタ社員の解放」を「20分の会談」で主張したのかハッキリしない。日本人が囚われていて、戦略的互恵関係も日中友好もないだろう。

24

|

« 尖閣「衝突」ビデオ、非公開ですと? | トップページ | 兄大窪敏夫の一周忌(於シェラトンホテル札幌) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49688353

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の恐怖:

« 尖閣「衝突」ビデオ、非公開ですと? | トップページ | 兄大窪敏夫の一周忌(於シェラトンホテル札幌) »