« 三回の危機を乗り越えた | トップページ | モラロジーと倫理 »

2010年9月29日 (水)

家庭こそ繁栄の土台

今朝の船橋市MS(川上栄吉会長)の講話は、ズバリ、テーマ『家庭こそ繁栄の土台』(講師:高松祐子法人スーパーバイザー)です。

高松祐子先生は、生涯局に永年在職していて、9月より法人局に移り、法人SVとして講話をされました。

81_002

高松祐子先生の実体験にもとずく、講話は、本当に心に沁み入ります。

夫の会社の倒産、借金取りが押し掛ける(鳥は空を飛ぶが借金トリは居座る)、夫婦離婚の危機、実家の母親との確執などを乗り越えて、真の「倫理の学び」を知る。

家庭を大切にすること。特に、夫婦関係。これが全ての土台である。

☆今日の一言

笑顔施・・・笑顔で施せという意味

◆◆◆◆◆

会員スピーチは、大久保忠男幹事(税理士)による「笑いとヨガ」の話。

81_001

★☆★ 運は勇者を寵愛す(ヴァージル) ☆★☆

|

« 三回の危機を乗り越えた | トップページ | モラロジーと倫理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49594032

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭こそ繁栄の土台:

« 三回の危機を乗り越えた | トップページ | モラロジーと倫理 »