« 仁者~倫理法人会とは? | トップページ | 政治と倫理、日本創生 »

2010年9月25日 (土)

日本国の存亡の危機

那覇地検は中国人船長を釈放した。菅総理、前原外相の不在中の出来事である。仙谷官房長官は、「地検独自の決定」であることを強調している。

検察が、日本政府に確認することなく「政治的配慮」により釈放したなどとは、ウソもいいとこである。仮に、「検察が勝手に」やったとすれば、民主党政権の政治主導とは何か?検察庁が外交問題にまで介入していることではないか。

中国は今回の領海侵犯事件で、次々と日本に圧力をかけ、日本攻撃をエスカレートし、「船長を釈放した」後もさらに「謝罪と賠償」を求めている。

前原外相には、民主党政権の中では、唯一まともな政治家であるだけに、期待していたが、「検察が(粛々と)やったまで』と言うだけ。誠に残念である。

日本は、中国の「恐喝外交」に対して、ただ「冷静に対応」と言う間もなく腰砕け・・・屈服した。少なくとも、ASEAN諸国をはじめ国際社会には、日本は「恐喝に簡単に屈する国」だという印象を与えた。

菅内閣としての重大な失態である。しかし、菅内閣には全く危機感が感じられない。片山総務相は、この「船長釈放」について「大人の対応をしたと思う」だと・・・。他にも、呑気な政治家が多い。

何も手を打たない政府に代わって、「法と証拠」に基づくべき「検察」が政治判断をしたということである。菅内閣による政治・外交の「放棄」である。

私は、日本国民として、日本の将来が心配だ。

私は、黙って居られなくなった・・・。

Photo

「偏狭なナショナリズム」を云々する前に、「自分の国に誇りを持てない人が、命をかけて自分の国を守れるか?」(田母神元航空幕僚長)と、問うべきではないか?

|

« 仁者~倫理法人会とは? | トップページ | 政治と倫理、日本創生 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49559332

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国の存亡の危機:

« 仁者~倫理法人会とは? | トップページ | 政治と倫理、日本創生 »