« 65歳のデンマーク留学で見えた日本 | トップページ | お金で買えないもの(価値)がある »

2010年9月22日 (水)

本物の経営とは?

今朝(9月22日)は、千葉市花見川区倫理法人会(初山浩重会長)主催のMSに参加。講話は、(社)倫理研究所・宇都進一郎特別研究員、テーマ「本物の経営」でした。

8822

万人幸福の栞輪読は、第5章「夫婦は一対の反射鏡」(夫婦対鏡)です。宇都進一郎先生は、夫婦道で一番大切なことは、「夫婦はお互いに違う」「違うから相補うこと」を自覚すべきであると説明する。

それが、夫婦和合の秘訣だと・・・。5男5女の父親である宇都進一郎先生だから説得力もある。

今日のテーマである本物の経営とは何か?

本物の経営とは天地自然の法則に合致した経営をしていくことである。つまり、あくまでも自然をベースにして経営をすることである。

宇都進一郎先生は、商人道の元祖・石田梅岩を例に出しながらの分かりやすい講話でした。

|

« 65歳のデンマーク留学で見えた日本 | トップページ | お金で買えないもの(価値)がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49525468

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の経営とは?:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/09/23 09:19) [ケノーベル エージェント]
千葉市花見川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 09時20分

« 65歳のデンマーク留学で見えた日本 | トップページ | お金で買えないもの(価値)がある »