« 人生の岐路に立ったときどうする | トップページ | 日本とインド »

2010年9月14日 (火)

大自然に学ぶ根の倫理

今朝は、秋の気配が感じられます。

9月14日(火)千葉市美浜区MSに参加。講話は、千葉県倫理法人会藤本定明会長によるテーマ「大自然に学ぶ根の倫理」。

9014

藤本定明先生の講話は、実に面白く、わかりやすく、心に沁みいる。人間にも根っ子(両親)がある。根っ子を大切にしなければ、枝葉は育たない。

老いた母親への手紙を毎日書いたという。

◎元気です50円ハガキで親孝行

◎亡き母に積もる思いを書きとめて行き先の無いハガキが積もる

◎母を抱き軽い身体に恩重い

人間は貸借対照表だという。欠点の数だけ長所があり、バランスが取れているのである。藤本定明先生の言う通り「先祖からの手紙」を、孫のために書き残して置こうか?

|

« 人生の岐路に立ったときどうする | トップページ | 日本とインド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49442822

この記事へのトラックバック一覧です: 大自然に学ぶ根の倫理:

« 人生の岐路に立ったときどうする | トップページ | 日本とインド »