« 暑いけど生きています | トップページ | 振り子の原理 »

2010年8月30日 (月)

つねに活路あり

市川市中央倫理法人会(井上郷会長)主催の経営者モーニングセミナー(MS)に参加した。

30年前、滝口長太郎さんの「法人会設立」に参画出来たのは、「私の財産」と語る、(社)倫理研究所普及事業部長・井上茂勝先生(テーマは「つねに活路あり」)である。

1321

長太郎の思いから30年・・・、今では、全国63,000社、680ヶ所の法人会が出来ている。

地方へ行けば街は疲弊している、中小企業も元気がない。「死ぬことが出来る人はまだ良い方だ」「死んでも死にきれない」のが中小零細企業の社長だ。

「ピンチをチャンスに変える」方法とは何か?

井上茂勝先生は、「一歩、先に行くこと(実践すること)だ」と語る。理屈では、(実践が大事と)誰でも思っている。しかし、(実際の)行動に移したかどうかが大切である。

良いと思ったことは、「元気よくやればいい」、「カラ元気」でも連発すれば、ピンチはチャンスに変わる・・・。

(自然の摂理でも)人間は、後向きではなくて「前向き」の方が楽なはずだ。という井上茂勝先生の話に納得した。

法人局参事の清川百子先生も(新会員として)聴講していました。

今朝は、井上会長からナシを頂きました。(ラッキーな朝です)ありがとうございました。

|

« 暑いけど生きています | トップページ | 振り子の原理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/49293045

この記事へのトラックバック一覧です: つねに活路あり:

« 暑いけど生きています | トップページ | 振り子の原理 »